結婚が考えられない彼と別れてしまった後、どうしても復縁したい!と願うあなたに必要なアクションとは?

11月 9, 2019

<はじめに>

当ブログは「どうしても元カレと復縁したい!」と本気で悩んでいる方に役立つような記事を書いています。

サービス業の仕事上、女性心理を知りたくて色々と個人的に本やブログ、リアルな体験談などを集めていく内に、ほとんどの女性の悩みが「男女関係」「恋愛」「結婚」に関するものが多いことに改めて気付かされます。

その中でも特に「復縁」に関する悩みの切実さは強い印象で、

「あの時付き合っていたカレのことが忘れられない・・。」
「本当は別れたくなった・・。復縁したい・・。やり直したい・・。」

一度失ってしまったからこそ、いかにカレとの関係性が大切だったことに気付き、それを取り戻したい!どうしても復縁したい!という本気度が痛いほど伝わってくるようになりました。

 

このブログでは、そんな「どうしても復縁したい!」と心から悩むあなたに助けになれる情報を吟味してお伝えしようと作りました。

中には手厳しい内容もあるかもしれませんが、それはあなたが本気でカレとよりを戻して幸せな日々を過ごされるために必要な現実でもあります。

「どうしても元カレと復縁したい!」と切に願うあなたにこそ読んでいただきたい。

そんな思いを込めてブログを作ってみました。

<本文>

付き合って数年経つのに、将来のことや結婚のことなどを話をすると嫌そうに話をはぐらかせられる彼と別れてしまった。

そんな結婚が考えられない彼と別れてしまった後、やっぱり元カレと一緒に過ごしていた時間が大切で忘れられない・・復縁したい・・。

そんなあなたの復縁の悩みに対して、実際に復縁から結婚に至ったカップルたちを例にして必要なアクションとは何なのか?を探っていきたいと思います。

Left Caption

管理人

復縁したいどころか、結婚まで果たせたカップルたちの秘訣とは!?いろいろ調べてみました!

 

Contents

復縁から結婚できた主なキッカケとは?

一度別れてしまった後って、お互いに感情的になっていたりしてしばらくは連絡もしにくいですよね。

ある程度距離をおいて冷却期間を作った後、復縁したい!という想いが強くなってきた頃にみんなどういうキッカケで復縁できたのでしょうか?

よくある復縁キッカケのパターンについてまとめてみました。

 

元カレと別れた後に付き合った人と別れた直後。

元カレとは色々と誤解やすれ違いが続いて、小さなケンカが絶えなくて感情的になって別れてしまい、後でほかの人と付き合ってみたものの、何かしっくりこなくて結局気持ちが離れて別れてしまった直後など。

一回別れてしまった後だからこそ、本当に良かったものが自分にとって何だったのか?がより明確に分かってくるものです。

次に付き合った人との違い、比較によって元カレとの想いが強くなり、復縁したい気持ちが高まることがキッカケでヨリを戻す、ということもよくあります。

そういった別れから元カレとの本当の想いを再確認できたことによって、「彼と一緒に人生を共にしたい!」という想いが芽生え、そのまま復縁→結婚に至りやすいのがこのパターンです。

 

SNSで相手の近況を知ろうと思えば気軽にチェックできている。

恋愛関係としては終わってしまったものの、友人関係や仕事関係、知り合い留まりとしてはまだ関係が続いている状態ですので、まだまだ復縁できる可能性が高い状態。

仕事のことや、家族のこと、身の回りのことや趣味のことなど、facebookなどで更新している内容をチェックできるのであれば、それをキッカケに「久しぶり。最近どう?」など、まずは軽いメッセージからキッカケを作れやすいです。

 

元カレの誕生日にお祝いのメッセージを伝える。

恋人じゃなくても友達や職場の仲間でも、誰かしら誕生日にお祝いをもらえるのは嬉しいことですし、別に不自然なことでもなんでもないものです。

ですので、こういった節目の特別な日にお祝いメッセージを伝えるのは、復縁のキッカケを作るうえでちょうどいいタイミングの一つだと言えます。

誕生日にお祝いメッセージをもらって嬉しくない人はまずいないですし、仮に別れた時は関係性が微妙だったとしても、あなたから元カレにそういった好意のメッセージを伝えられたら、ちょっとは心が動きやすいもの。

誕生日のお祝いメッセージをキッカケに復縁する人も少なくないです。

 

友人や周りの人たちが復縁に協力してくれる。

別れた後は感情的になったり失恋モードになったりして、あまり前向きに考えられない時に、あなたと彼が別れたことを知って驚かれるケースもよくあります。

「え!なんで別れたの!?お似合いだと思っていたのに!!?」

「マジで!二人はこのまま結婚するかと思っていたのに!?」

そういった声を何人からもらうと、あなた自身も「やっぱり彼と私って合っていたのかも・・またやり直せるのかな?」と失恋から復縁モードに気持ちが切り替わりやすくなることってよくあります。

 

もしあなたが復縁に対してやる気が出てきた場合、そのあなたの気持ちを純粋に応援したいいい友達や仲間に相談すると、「任せといて!」とやる気になって協力してくれて、共通の友達を巻き込んで二人を復縁させる方向に動いてくれる場合もあります。

そんないい友達や仲間に恵まれるのも、あなたの魅力の一つ。

周りからの声や応援によって、彼との相性や関係性を改めて思い直して復縁する場合がこのパターンです。

 

共通の友人の結婚式で再会して、久々の話に盛り上がる。

別れてしまった後、お互い関係性が微妙なまま月日が流れ、ある時共通の友人の結婚式にお互い呼ばれて再会するケースもよくあります。

その時、もしご縁が続いているようであれば、不思議と久々の再会に話が弾むことも少なくありません。

しかも、友人の結婚式にお互いに参加して、相手を同じように結婚するパートナーとして相応しいのか?など、いろいろ同時に考えてしまいがちに。

もしかしたら別れた後に付き合った人もいるかもしれませんが、何だかんだ元カレと一緒にいることが一番しっくり来たり、気持ちが落ち着いたり居心地が良かったりして、「結局この人と一緒にいるのが一番いいのかも・・」と復縁したくなる気持ちが高まってくることも。

お互いにその気があればなおさら。そのまま「復縁→結婚」と一直線になってもおかしくありません。

 

付き合っていた頃、よく二人で通っていたお店などでバッタリ再会。

とてもドラマティックな展開で運命的ではありますが、中にはそういった再会を果たして結婚に至ったケースもあります。

これはある意味、とても縁の強い関係性があり、冷めていた気持ちも一気に盛り上がりやすく、そのまま復縁して結婚へとスピーディーに展開していく可能性もあります。

もはや運命だと思って、このまま結婚してしまうのがベストなのかもしれません。

Left Caption

管理人

いろいろな復縁パターンがありますが、やはり結婚式やお店などで運命的な再会を果たせたら一気に気持ちも盛り上がりやすそうですね!

 

無事に復縁できた後に結婚してそのままうまくいくカップルと、結局離婚してしまったカップルの違いとは?その本質的な原因とは?

どうしても復縁したい!という強い想いが叶い、悲願の復縁を果たしたものの

「やっぱりあなたとはやっていけない・・」

と離婚を決断してしまうカップルも少なくはありません。

一体何が原因でせっかくあれほど復縁したい熱望していたのにも関わらず、離婚を決断してしまうのでしょうか?

逆に一度別れて復縁して結婚してその後もうまくいっているカップルを例にして、その逆説として離婚してしまう原因を探ってみたいと思います。

 

復縁後に結婚し、うまくいっているカップルの4つの特徴。

最初は結婚も考えられなかった2人が一度は別れ、そして復縁するまでのプロセスにおいてうまくいっているカップルには4つの特徴があります。

この4つのポイントは以下の通りです。

 

過去の別れた原因など、お互いに克服しあっている。

2人が付き合っていた時に別れに至るまで、何かしらお互いに原因や理由というものがあります。

別れた後の冷却期間において、きちんと自分で「何か自分にも原因があったんじゃないのか・・?」と振り返り、元カレと別れるような態度や言動を繰り返していなかったのか?など、過去をきちんと振り返られる人は、結果に直結する本質的な原因までたどり着きやすいものです。

 

もし自分自身に問いかけてもよくわからない場合は、信頼できる友人や先輩、場合によっては復縁に強い占い師や恋愛カウンセラーなどに相談し、自分自身の問題をきちんと向き合おうとする姿勢がある人はそれだけでも十分魅力的で、復縁できる可能性は高い傾向にあります。

また、仮に誰かに相談してあなたが改善しなければならない過ちを指摘された際、それに対して「そんな訳ないでしょ!」と腹を立てる人は復縁しにくいタイプです。

ポイントは、素直に過ちを認められ、相手のせいにしすぎず事実をきちんと受け入られるメンタリティがあるかどうか。

最初は素直に自分の過ちを認めれずに腹を立てて、強がっていたとしても、最終的には「このままではいけない・・」と冷静に相手を攻めたてようとする気持ちをいったん抑え、自分自身に問題意識をおいて冷静に考えられると、相手と冷静に話ができやすくなります。

一度別れて、冷却期間中にこうした冷静な考え方、忍耐力が養われたカップルは一時の感情に振り回されることなく冷静に相手により添えあえるので、結婚してもうまくいきやすい傾向にあります。

Left Caption

管理人

相手のせいにしすぎない、大人な対応ができる人ほど関係を長く続けられますよね。

 

同棲経験があって、お互いの生活パターンを理解し合えっている。

一度別れて復縁したとは言え、過去の二人には一度別れてしまうくらいの出来事があったことは事実であり、拭い去ることはできません。

そこら辺の感情的なしこりが残ったまま、依存心で復縁してうまくいっていたとしても、結婚後はそううまくいくものではありません。

なにせ、ずっと2人で一緒の生活を送りますので^^;

ある意味、結婚前に結婚を前提に同棲するのも一つの手段だと言えます。

この同棲中にうまくいかなくなって別れるカップルも少なくありません。

同棲を結婚の練習だと思って、いざ一緒に生活してみると、本当に些細なイライラやストレスの連続です(苦笑)

ですので、細かいストレスをうまく消化できたり、ある程度相手を受け止められるだけの包容力が必要となります。

相手のいいところも悪いところも含めて、ありのままの彼を受け入れることが出来た時、そんな二人だから目指し合える目標や未来というものを共有しやすくなります。

その過程でたくさんぶつかると思いますが、その中で冷静に相手のせいにしすぎず、だからといってただ我慢するだけでなく、2人で歩み寄っていく姿勢があるかどうか。

そういったカップルは、復縁して結婚しても絆に土台がありますので、結婚後もうまくいきやすいものです。

Left Caption

管理人

私は同棲⇒結婚パターンですが、やはり屋根の下でともに暮らすと、お互い色々な部分が分かり合えるので、その上で一緒にいたいと思えるかどうかはとても大切なポイントだとは思います。

 

依存心を克服して、自立心がお互いに芽生えているから不必要に束縛しない、フラットな関係性を築けている。

依存心の強さは、別れた後の「元カレとどうしても復縁したい!」という切なる想いが、特に強くでやすい傾向にあります。

依存心はそのまま相手から愛されたい、と期待する気持ちであり、実は別れた原因があなたの期待通りに愛されない不平不満を、元カレにぶつけすぎて彼が疲れてしまった、ということも少なくありません。

この点に関してはいかがでしょうか?

別れた後の冷却期間中は、こうした依存心を克服する忍耐力を養うことも大切なことです。

依存心を克服できるだけのメンタリティが養われた時、元カレとの関係を一からやり直せやすくなるのはもちろんですし、それ以上に大きいポイントは不必要に相手に期待したり束縛、コントロールしたいと思えなくなるので、相手も一緒にいて楽、というところです。

依存心は「愛されたい」の現れに他なりません。

一方、自立心があった上でご縁が相手と一緒にいたい、と思える気持ちは「愛したい」というもっとピュアな感情に基づくものです。

復縁後に結婚してうまくいっているカップルは、お互いに依存心をある程度克服して、お互いに相手から愛されたい、ではなく愛し合っている、というところが大きいです。

Left Caption

管理人

依存心だけだと、相手に期待しすぎるから辛くなっちゃうんですよね。それを克服した自立心のある人は魅力的ですし、そんな2人が一緒になったらお互い居心地いいですよね。

 

現実的な貯金を積み重ねている。

ここもとても大きいポイントであり、将来を共にするパートナーとして、長い人生の先まで見据えた金銭感覚が養われているかどうか、もポイントになります。

これはどちらかというと男性の方がずぼらな性質があるので、やはり奥さんである女性の方がしっかり管理する、というところが理想です。

しかし実際に、同棲中に過剰にお金の管理を女性側が牛耳りすぎて、カレが嫌気をさして別れてしまった、というケースも少なくありません。

あくまで役割分担として女性がお金を管理した方がいいセオリーがありますが、きちんとカレの言い分や意見なども聞き入れながら、適度にお金を長期的に管理できる姿勢も長続きするカップルの特徴の一つだと言えます。

Left Caption

管理人

将来をともに歩み続けるので、現実的にもきちんと考えられる人はそれだけで安心です。

 

復縁後に結婚するまでの具体的な期間は?3人の一般女性による復縁・結婚エピソード。

ここまではあくまで理論的な話なので、実際に復縁に成功して結婚まで至った例を、一般女性3人からの復縁・結婚エピソードを引用、シェアさせて頂きました。

 

<エピソード1 >26歳(分かれていた期間5カ月)

「私は結婚したかったけどまだ結婚は考えられない」

と言われ、意見が合わずに自分から別れを切り出しました。

私たちには共通の友人が多く、別れてからも友人を含めて一緒に会ったりしました。
彼から連絡を受けて食事に行ったりもしました。

でも、私の決意が固かったので、それ以上の関係にはならなかったです。

ある日、私の家に泥棒が入る事件が起こりました。
警察への連絡、現場検証、指紋の採取、割れたままの窓の夜の部屋など、突然の出来事に不安になりました…。

そんな状況ではさすがの私も心細くなり、別れてから初めて、自分から彼に連絡をしました。
この事件が復縁のきっかけになったのです。

結婚を望む時期のズレで、大切な人を失ってしまうところだったのだなあと感じました。
それから6年後、自然な流れで彼との結婚に至りました!

Left Caption

管理人

これぞ運命的な復縁ですね♪

 

<エピソード2> 25歳(別れていた期間:3か月)

別れてから3カ月ほどたったときに、ふと、別れてから初めて彼のSNSをチェックしました。
そこにいた彼は一緒にいた頃の彼とは違い、やつれて生活もボロボロな様子で…。

この人にはやっぱり私がいないとダメなのかもしれない!と思い、復縁に至りました。

その後、彼もだいぶ落ち着いてから、だんだん結婚というか「ずっと一緒にいるのかも」という空気が二人の中に生まれ、彼からのプロポーズを受けて結婚しました!復縁してから1年ほどの出来事だったと思います。

Left Caption

管理人

こういった母性本能をくすぐられる関係性も大切、ということですね。

 

<エピソード3> 29歳(別れていた期間:4年)

彼と順調に関係が続き、24歳で結婚しましたが、若くしての結婚だったので、私もまだまだ遊び足りず、話し合った結果5年で離婚することに。

別れたときは新しい男性を探せばいいやと思っていたけど、ほかの男性と付き合えば付き合うほど、元旦那のことを思い出すばかりでした。

結局離婚してから4年ほどたったとき、私から思い切って元旦那に連絡しました!
彼もフリーの状態で待っていてくれたため、当時のことを謝って再婚しました。

Left Caption

管理人

この2人は別れた時はまだタイミングではなかっただけ、なのかもしれませんね。

出典:https://static.only-partner.com/only/assets/application_smart_phone-d9ff21beaf658eccf34261398c7b4da5a6bb206ca0bda88430d4f1f942d47e22.css’ rel=’stylesheet’

人によって復縁するキッカケはさまざまですが、やはり一度分かれてみた後だからこそ、元カレが自分にとってどれほど大切かが身にしみてわかる様になり、最終的に結婚・ゴールインするパターンが多いみたいですね。

やはり復縁後に結婚する可能性は高そうです。

 

復縁後に結婚できる確率、可能性は高い!特に20代後半~30代以降の「結婚適齢期」であればなおさら!

やはり付き合っていた頃と比べ、一度別れて一人になってみて冷静になった時に、やはり何だかんだ元カレのことが忘れらなかったり、大切なところでは頼りにしていたり傍にいたい、という真剣な想いに改めて気付き、そして結婚に至るというケースが多い印象です。

ですので、復縁後に結婚できる確率、可能性はとても高いと言えます。

さらに20代後半~30代以降の「結婚適齢期」であれば、なおさら生涯のパートナーとして相手を意識しやすいものです

まだ若すぎたり、付き合っていた時がそこまで本気でなかったり、後はタイミングなどでどうしても相手も結婚のことを考えられずに、あなた(カレが)嫌気がさして別れてしまった、ということもあるとは思います。

しかし、もしあなたと元カレがいわゆるソウルメイトであり、パートナーとしてのご縁がある運命の人であるならば、一度の別れはお互いがそれぞれ自分を磨きあげる期間であり、必要なタイミングでまた再会して結ばれる、ということもよくある話です。

 

 

占い師に結婚できる確率、可能性について試しに相談するという方法もおススメ。

あくまで参考程度ではありますが、実際に復縁実績の多いプロの占い師さんに相談して、日々の不安が解消されたり、自分の気づいていなかった点を厳しくも温かくアドバイスされて変わることが出来たりして、結果的に復縁に至ったケースも多く口コミで紹介されています。

占い師さんに相談するメリットも含めて、「復縁に必要なポイント」「占い以外のオススメの復縁教材」について詳しく書いている記事があります。

良かったらこちらもご覧になりませんか?

結婚

Posted by JqedetwmUr